鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

新着情報・トピックス

ホルスタイン審査基準の研修が行われました

2013年3月19日

3月15日(金)、16日(土)に本校畜産農場において、日本ホルスタイン登録協会主催による研修会が開催されました。この研修は、ホルスタイン種のランクを決めるための体型審査基準について、審査に当たっている専門家が実際の牛を見ながらポイントを確認し、統一した審査ができるようにするものです。日本で育成されているホルスタイン牛の登録検査・体型基準を適確に運用するにあたっては、このような審判員の研修は非常に重要です。

今回は日本ホルスタイン登録協会様より、会場としての本校の畜産農場の使用および審査研修対象としてのホルスイタイン牛の使用依頼があり、本校がこれに応じて場所・牛の貸与に協力しました。

当日は全国から16名の関係者が集まり、説明のあと早速牛舎におもむき、牛の審査確認を行いました。1頭1頭の牛について、多数のチェック項目を手早く確認していくと同時に、判断の難しいものについては、参加者で議論をしながら審査基準を確認していきました。ここで確認したことが全国の基準につながることから、非常に真剣な空気が伝わってきました。本校の牛は緊張気味でしたが、無事に大役をこなせたようです。天候にも恵まれ、2日間の研修は無事終了しました。

鯉淵学園では、本校主催による社会人研修会のほか、今回の研修会のように外部団体による本校の充実した圃場・現場を利用した研修(外部団体研修への協力)も随時実施されています。


牛のプロの関係者同士、
なごやかな雰囲気で始まりました。

体型を見るだけでなく、
体の様子をさわって確かめて、判定していました。

どのランクにするか、微妙な場合は
特に真剣に観察・議論していました。

牛も少し緊張しながら無事協力できました。