鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

新着情報・トピックス

伊那市、JA上伊那と新規就農協力に向けた3者間協定を結びました

2013年5月14日

鯉淵学園農業栄養専門学校は、5月9日に伊那市(長野県)、JA上伊那と新規就農協力に向けた三者間協定を結びました。

伊那市はアルプスに囲まれ多くの自然がある中でトルコギキョウ、アルストロメリアなどの花卉生産が盛んな所です。今年度の政策でも「農業の活性化」をあげるなど農業が盛んな地域です。

JA上伊那では、独自の農業研修制度、研修支援給付金制度などがあり、青年農業者の育成に力を入れているJAです。専務理事の牛山喜文さんは本学OB(23期:協同組合科)で今回の協定締結に尽力されました。

今後、3者間で新規就農に向けた相互交流を随時行います。6月9日から1ヶ月間、研究科の丸山健太君が研修生第1号として伊那市の花卉農家で研修を行います。こうした本学就農希望学生の研修・就農を通じて、伊那地域の農業発展に貢献したいと思います。

教務部長:長谷川 量平


調印の様子

調印をおえた協定書、伊那市のマスコットとともに

今後の協力・発展をちかいました

同行した本校研究科生(2名)と