鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

新着情報・トピックス

食品栄養科「夏」実習の様子

2013年8月30日

食品栄養科の学生は、8、9月の夏季休暇期間を使用して集中実習に取り組んでいます。

《1年生》

1年生は、「大量調理学実習」に取り組んでいます(現場実習は、班単位で4日間実施中です)。この実習では、本校学生食堂で普段食事提供に携わっている現場の栄養士、調理員の皆さんから栄養士業務の実際として「大量調理器具の使用方法」、「施設設備の管理方法」、「食材の管理方法」、「帳簿管理」、「事務作業の流れ」などの内容について、直接指導を受けています。座学で得た知識を『本物を目で見て、体験して理解を深める』そして『自信につなげる』良い機会となっています。


本物の帳簿を見せながらの現場指導。

栄養管理ソフトの説明。

厨房内では野菜の洗浄中。3回洗います。

器洗浄の様子。手際良く。

来年の今頃には「就職活動をしている自分」をイメージして頑張っています!

《2年生》

2年生は、「給食管理学校外実習」に出かけます。4月から各種給食施設の理解を深め、社会人としてのマナーの学習なども取り入れつつ準備を進めてきました。現在、最終段階として腸内細菌検査や課題の取り組み確認を進めています。学生たちにとって本校学生食堂以外の給食施設で栄養士の仕事を体験するのは初めてです。校外実習を体験してから就職活動を始める者も多く、実りある実習となることを期待します!

食品栄養科 准教授 浅津 竜子(大量調理学実習、給食管理学校外実習指導担当)