鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

食品栄養科

今、「食」の世界では、知識と技能と栄養士の資格を持つ若者の参加が期待されています!

生活習慣病の予防や食品の安全性の問題。大切なのは、食事を単なる栄養素の補給と考えないで欲しいこと。食材の生産現場を十分に理解し、新鮮、安全で美味しい食材とはどの様なものかを知ることが重要です。本学は、これらを十分に理解し、給食施設などの現場で自ら考え、対処できる技術を持った栄養士を養成します。その核になるのが「食品栄養科」です。

食品栄養科の5つの特徴

  1. 徹底した個別就職指導による抜群の実績
  2. 個人や集団の栄養状態を評価・判定し、それに合った食事提供ができる栄養士の養成
  3. 他校にはまねのできない農場実習や食品加工実習などを通じた農産物の生産現場を理解する栄養士の養成
  4. 学生食堂や直売所レストランでの校内インターンシップなど、現場重視の指導が充実
  5. 調理・レシピコンテスト等への積極的参加による広い視野を持った栄養士の養成
特徴1
調理実習と農場実習の連携による農と食の実践!
  • 「食農教育実習」で収穫作業!そして採れたて新鮮食材で
    「調理学実習」にトライ!
  • 調理・加工系実習でも可能な限り本学農場産の食材を利用し、
    地産地消を実践できる知識と技術を習得!
特徴2
実践力の養成を目標に実習時間数を大幅アップ!!
  • 「基礎調理学実習」、「献立作成演習」、「大量調理学実習」など充実した実習・演習を開講!
  • 「給食管理学実習」など学生食堂(特定給食施設)を利用した現場教育の充実!
特徴3
基礎を理解しやすいように講義と実験・
実習の連携強化!!
  • 「食品学と食品学実験」、「食品加工学と食品加工学実習」、「食品衛生学と食品衛生学実験」など理論と技術をシステマチックに統合!

栄養士 Q&A

栄養士って何をする仕事なんですか?
栄養士の重要な仕事は、毎日の食事のメニューを考えること。そして「食事」や「栄養の指導」を通してみなさんの健康づくりのお手伝いをする仕事です。
栄養士はどんな職場で活躍していますか?
保育所、学校、福祉施設、病院などの給食施設で食事提供に関わる全ての仕事や食品関連企業(工場など)で衛生管理などをがんばっています。

2年間の流れ

目指す職業・進路

  • 保育所、幼稚園、学校
  • 福祉施設、病院
  • 食品関連企業(工場など)

目標資格・称号

卒業と同時に取得できる資格
  • 栄養士(国家資格)
卒業時に授与される称号
  • 専門士
選択により取得可能
  • ホームヘルパー2級
  • 食育栄養インストラクター

管理栄養士を目指すには

  • 実務経験3年の後に受験資格が得られます。
  • 本学を卒業後、大学(管理栄養士養成課程)の3年に編入学する道があります。卒業と同時に編入学の出願資格が得られます。

学費(納入時期・入学金・授業料・実験実習費・教育施設費)について