鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

新着情報・トピックス

第68回学園祭開催!

2013年11月11日

11月3日、第68回学園祭が開催されました。前の週に台風が関東沿岸を通過するなど天気が心配されましたが、当日は穏やかな朝を迎えました。

今年度は「体験」をテーマに、「食」と「農」について実際に触れられる企画を学生たちが考えました。農業系では、例年行われているサツマイモ掘りのほか、ベビーリーフの収穫体験、テーラーの荷台を利用したアトラクション、さらに水戸農業協同組合様のご協力により、家庭用農業機械のデモンストレーションなども実施されました。

栄養系のイベントでは参加者の方に簡単な健康チェックを実施する「健康祭り」や、食材・調理・栄養などについての「食品クイズ」などを実施しました。

また、直売所「農の詩」ではダイコン収穫体験のほか、レストランで特別メニューを提供するなど、日ごろ行っている特売会をさらにパワーアップして営業しました。

9時の開会式前から来場する方も多く、昼ごろになると模擬店周辺では人で混雑していました。人気のある模擬店・体験イベントでは、長い行列ができていました。

例年学生・職員の有志により出店している模擬店ですが、今年は今まで以上に衛生・安全に注意して実施しました。食品栄養科教職員の指導の下、担当の学生が各店舗の計画運営を準備段階から指導してきました。関係した学生たちには良い勉強になったようです。午後になると、例年実施されている搾乳体験、ビンゴ大会などの人気イベントが続き、それぞれ多くの人でにぎわいました。

直売所「農の詩」の販売も好調でした。直売所のアイドルのヤギたちは、この日にあわせて設置された高さ2mほどの木台に登り降りしており、訪れた子供たちを喜ばせていました。

天気は夕方まで曇りがちでしたが、屋外イベントが多い本学の学園祭では、むしろ過ごしやすかったようです。

午後5時15分頃、予定よりやや遅れて無事閉会したあとは、夜8時くらいまで学生主体の後夜祭を行いました。

この学園祭に向けて、夏休み前も入れると4ヶ月あまり準備してきましたが、結果的には上手くできた点・できなかった点があったと思います。しかし、協力して一つのイベントを成し遂げたことで、それぞれの立場の学生で得るものがあったように思います。

最後になりましたが、今回の学園祭を実施するにあたり、大変多くの方々にご協力をいただきました。あらためて感謝申し上げます。


家庭用農業機械デモ
(インストラクター指導による運転)

今年も人気が高かった、
沖縄そばの模擬店

搾乳体験では大きな牛に子供たちも
びっくりしていました

食品栄養科職員も手作りジャムなどを
販売する模擬店を出店しました。

学生ホールで営業された
「鯉淵カフェ」

ヤギ小屋の様子。ヤギが木台に登ってます。
(高い所から失礼しました)

食品栄養科「健康祭り」
健康チェックをする近藤学園長

ステージイベント
「コスプレ大会」の様子

社会人研修生も、
実習で育てたサツマイモなどを販売しました。

スタンプラリーの景品交換は
長い行列ができました。